医療・看護・作業・理学療法楽研究所―Physical Therapy―

医療・コメディカル(作業・理学療法士・看護師)・介護・リハビリなどについての情報{病気・治療(関節・筋)・評価・検査・理論・運動学・時事ネタ・研修会など}を収集していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

椎体終板:vertebral body end-plate

椎体終板(軟骨終板):(vertebral body end-plate)

椎体終板について、後輩から質問されよくわからなかったので調べてみました。
数十年前に勉強したはずですが、完全に忘れていました。
本当に習ったかな?

■組織
 椎体終板は成人の場合、厚さ約0.6~1.0㎜で硝子軟骨組織と線維性軟骨で構成されています。
終板椎体上下面全体の存在するわけではなく、厚さが不均衡で存在しない場所もあります。
存在しない隙間のところは骨髄や椎間板に組織液を循環させる通道の役割を果たしています。
■場所
椎間板と椎体の間に存在。

■役割
 成長軟骨の役割も果たしています。
 血管分布のない椎間板に栄養を送るうえで重要な役割を果たしていて、骨格が未熟の段階では、骨と軟骨の境目で血管が軟骨と接触しているので、物質が軟骨中へ移動することができます。
この血管芽のおかげで、血液中の栄養素が軟骨内や髄核内に運ばれています。

■成長
 第1期(~6カ月)
 第2期(生後6カ月~2歳半頃)
    この二つの時期では未癒合の骨化が中心。
 第3期(2歳半~18歳)
    椎体軟骨結合の閉鎖。
    外縁の稜および溝が変化。
 第4期(12~25歳)輪状の骨端輪が表面に向かって骨化開始。
 第5期(20代初期に始まることもある)
    骨棘が出現。
 第6期(50歳以降)
    骨溶解の出現と増加。

■研究者
 ・Brown MD, Tsaltas TT
 ・Bernick , Caillietなど
スポンサーサイト

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2015/11/16 09:42 ] ●独り言 | TB(0) | CM(0)

第51回理学療法士国家試験

第51回理学療法国家試験

そろそろ、各学校でも臨床実習が終わって卒業試験や国家試験に向けての動きがでてきていると思います。

今年度の試験日と合格発表は下に示した通りです。

発表はどんどん早くなってますね。

■試験日
平成28年2月28日(日曜日)実施
■発表日
平成28年3月29日(火曜日)

随分前に理学療法士作業療法士国家試験出題基準の変更の通達があり、項目区分や表現の変更がありましたね。
一部新たに加わったものもありましたが、既にどこの学校でも授業の中に組み込まれた内容のように感じました。

関連記事

関連エントリ抽出中...

筋(運動単位)の活動交代(alternative activity)

(運動単位)の活動交代(alternative activity)

理学療法をしていくときに、どうしても疲労が問題になってきますよね。
今回は疲労してしまうまでの生体の反応の一つを勉強してみました。

それが(運動単位)の活動交代(alternative activity)』です。

同じ姿勢をしていて疲れたなぁ~と感じますが、そこに至るまでにはどうなっているのでしょう。

エネルギーが枯渇したり、代謝産物が溜まってしまったりすることは何となくわかります。

でも、すぐに枯渇したり、代謝産物が溜まったりするのでしょうか?

どうやら、活動交代をして疲労を遅らせようとしているようです。

この活動交代とは長時間,一定強度で筋活動を持続させた時に,同じ筋内の運動単位だったり、協同筋間での筋で筋活動を交代させて,筋収縮を維持させるものとされています。

これらの研究は、日本では1994年前後からいろいろと研究されてきたようです。

もう少し詳しく見て行くと、筋はその状態を維持していくために持続的に収縮しているとき、筋の活動が増加したり、減少したりを繰り返しているようです。

これは、いくつかの文献で周囲の血管の機械的圧迫が除去され、エネルギー供給、代謝産物の除去が行われているのではと報告されています。

これは、もちろん筋だけで起こっている訳ではなく、一つの要因として理解が必要でしょう。

今後、負荷強度別であったり、同一筋内での変化はどうなのかなどがわかってくるとすごいですよね。

現在、まだまだ報告数が少ないですが、筋電図がもっと性能が上がり、値段が手ごろになり、解析ソフトが充実するといいのでは?とかってに思っています。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2015/10/07 20:03 ] ●学問・理論 | TB(0) | CM(0)

リンパ浮腫病気分類:国際リンパ学会

リンパ浮腫病気分類
国際リンパ学会(ISL : International Society of Lymphology)による

■国際リンパ学会(ISL : International Society of Lymphology)によるリンパ浮腫病気分類

ISL 0期:
リンパ液の輸送に障害があるが、腫張が明らかではなく、無症状の状態。浮腫を認めるようになるまで数ヵ月から何年にもわたって続くことがある。

ISL 1期:
疾患の発症初期にあたる。組織液の貯留は挙上により軽減する。圧痕を生じる。

ISL 2期:
挙上のみにより腫張が軽減することはほとんどない。圧痕が明らかである。

ISL 2期(後期):
組織線維化が明らかになっているため、圧痕ができることもあれば、できないこともある。
 

ISL 3期:
組織が硬くなり(線維性)、圧痕は生じない。肥厚、色素過剰、皮膚の皺襞(しゅうへき)の増生、脂肪沈着、疣贅(ゆうぜい)過成長などの皮膚変化を認める。

国際リンパ学会では、このように分類されているようです。

皺襞:ひだ。また、ひだ状のもの。衣服のしわ、山のひだなど。(デジタル大辞泉より)
疣贅:皮膚の表面にできる小さく丸い角質の突起物。いぼ。(デジタル大辞泉より)

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2015/09/14 09:14 ] ●独り言 | TB(0) | CM(1)

おもしろいぞKH coder



非常に面白いですね、このKH coderは。

ひょんなことから、このKH coderを使うことになりました。

まだまだ、上手く使えませんが。

このKH coderは文章で表されているものの分析ができて、可視化してくれます。

『Rを用いた多変量解析』など、よくわかりませんが面白いです。

私は数十人が書いた文章を分析しなければいけなくなり、このKH coderにつきあたりました。

何となくそうだろうなぁと思っていたことが、可視化できてやっぱりそうだったんだと感じることが出来ました。
まだ、共起ネットワークしか利用していませんが面白いと思いますよ。

現在、リハビリ部門でも患者様にアンケートなどをとることが増えてきていますし、介護老人保健施設などでは家族の方々にも実施している施設もあると聞きます。

そんな時は一度これを使ってみると面白いと思いますよ。  フリーですし。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2015/09/09 18:48 ] ●独り言 | TB(0) | CM(0)

『キング看護理論』 King,I.M

『キング看護理論』 King,I.M

King,I.Mさんのの著書は1976年に初めて日本で出版されたようです。

●看護の定義
『看護は看護師とクライエントの人間的な相互行為のプロセスである。そのプロセスによって、各人は、他者とその置かれている状況を知覚し、コミュニケーションを通じて目標を設定し、手段を探求し、目標達成のための手段に合意することである』と定義している。

●看護の目標
『健康への到達、保持回復のために個人並びに集団を援助することであり、これらが不可能な場合には、個々人を人間として尊厳を保ちつつ、死に臨むことができるように援助することである。』としている。

このことから、たとえ健康への到達ができなくても人間としての尊厳を保ちつつ死に臨むことも目標になり得るということだと思います。

また、看護の焦点は人間にあることも伝えています。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2014/09/01 13:14 ] ●看護関連 | TB(0) | CM(0)

生物学的な存在

私達は生物学的な存在として生まれてきた。

ヒトはホモ・サピエンスとして動物の一種である。

脳科学や進化生物学では、社会的存在になるというのも生物学的なプログラムであり、子どもの頃からそういう仕掛けがあるからだと推測されているそうです。

『生物学的』について調べていたら、何やら大きな話になってきてしまったのでこれぐらいにしておきます。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2014/08/17 10:53 ] ●独り言 | TB(0) | CM(0)

優良加湿器

鼻腔は優良加湿器

運動と呼吸は以前に書きましたが呼吸については書いていませんでいた。

基本に戻り、復習している状態です。

ついつい呼吸で忘れてしまいがちなのが鼻です。

医療関係者らしく表現するなら鼻腔です。

鼻腔は優良な加湿器と言えるでしょう。

もし、乾燥した空気が直接入ってくると気管は攣縮しガス交換に重要な肺胞壁はカラカラになってしまいます。


●優良加湿器
鼻腔に入ってきた空気は、その狭い空間を通る間に温度と湿度を高められて気管に到達します。

この時、重要な働きをしてくれるのが、キーセルバッハ動脈性毛細血管叢と下鼻甲介一帯の脈性毛細血管叢です。

これらの血管叢の壁は非常に薄く出来ていて吻合性の毛細血管叢を作っているので、温度や湿度を上げやすい反面、傷つきやすいです。切れると鼻血が出ます。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2014/05/14 19:14 ] ●呼吸器関連 | TB(0) | CM(0)

起き上がり(背臥位から長座位):頭部から運動開始するパターン

起き上がり

起き上がりは人それぞれですが、基本的な動きを勉強する場合、いくつかの動きを決めて観察する必要があります。
今回は頭が最初に動き始める場合の一例を明文化してみます。
あくまでも例えばですので参考にする人はしてください。

●背臥位から長座位:


背臥位から顎を引くように頭部地上がり頭部屈曲がおこり、左に頸部を回旋させていき顔を左に向ける。この時、支持基底面は身体の廃部から頭部を除いた範囲となる。
頸部左回旋に続いて、上位胸椎が左回旋して右肩甲帯が持ち上がる。この時、右肩甲帯背面での支持がなくなり、重心は左方へ移動し始める。


その後、右肩関節内転して右上肢を左方向に持って行きながら、体幹の左回旋が生じる。同時に左肩関節外転して左上肢を寝返る方向に移動させる。左股関節は外転・外旋して、右股関節は内旋する。その後、体幹の左回旋が胸椎部より腰椎部へ波及していき、骨盤も左方向へ回転する。右肩関節が左肩関節を超えることで、頭部屈曲を伴いながら上部胸椎の屈曲・左方向への回旋が増強し、重心がより左方向へ移動すると同時に左肩関節伸展して左肘支持となる。



左肘支持から左手支持になる動作は、上部胸椎の屈曲により左肘支持になってからは、胸椎屈曲左回旋して頭部が肘の真上まで移動する。さらに左殿部のみ支持しながら、腰椎屈曲と両股関節屈曲によって重心が左尾側方向へ移動し体幹上部が持ち上がり、相対的に左肩関節は伸展外転しながら左肘支持から左前腕支持となる。左前腕支持からは、両股関節屈曲しながら左殿部支持から両殿部支持するように重心を左から右へ移動し身体が左方向に移動していく。そのとき左前腕支持以後は両股関節屈曲によって体幹が持ち上がり、同時に体幹の右方向へ回旋が加わり骨盤に波及し、左手支持になって行く。

左手支持から長座位になる動作は、左手支持の状態から骨盤の右への回旋に伴って重心を右へ移動し左殿部支持から両殿部支持となり、股関節外旋位であった左下肢は股関節内旋して、また右股関節外旋していく。それと同時に体幹回旋も中間位に戻りながら最終的に長座位となる。

このような感じになるかと思います。
表現はいろいろとあり、障害を持った人たちの場合、動きの中でどの動きがその人の障害になっているかにおいて、注意深く観察しなければいけない瞬間の優先順位が発生してきます。
その瞬間の優先順位を間違えると効率的な治療・訓練につながりませんので慎重に検討する必要があると思います。

まあ、とにかく多くの動作を観察して先輩に聞いてもらうといいでしょう。

でも、どこまでいっても主観が強いものであることは認識しておいたほうがいいでしょう。

関連記事

関連エントリ抽出中...
[ 2014/03/30 09:03 ] ●独り言 | TB(0) | CM(1)

第49回理学療法士国家試験合格発表

第49回理学療法士国家試験合格発表

第49回理学療法士国家試験の合格発表が3月31日にありますね。

緊張しているかと思いますが、この緊張を楽しんでください。

とは言うものの、その当時、私は3月16日から働いていたので、仕事を覚えるので大変だったのを記憶しています。

とにかく、今を楽しんでください。

関連記事

関連エントリ抽出中...
フリーエリア
ランキング
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
ポチっと押してね。 ブチっと押してね。 画像の代替文字
プロフィール

Author:理学療法探検家

研究所へようこそ!
理学療法士として病院に勤務しています。




SEO対策:医療 SEO対策:理学療法 SEO対策:作業療法 SEO対策:看護 SEO対策:介護
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。